[PR]

 大阪府豊中市は、全国各地のガイドブック「まっぷる」を発行する昭文社(東京都千代田区)と協力して、冊子「水と緑がつながる とよなか散歩道」を新しく作った。市役所などで希望者に無料で配っている。まち歩きを通じて、健康作りや、豊中の魅力の再発見につなげたい考えだ。

 大きさはA4判より縦に少し短いAB判で、すべてカラーの20ページ。千里中央駅や緑地公園駅、神崎川駅などを起点とした散歩コース6本を設定した。ルート上にある公園や景観スポット、観光施設、レストランなどを紹介している。

 各コースは、千里中央駅を発着して駅北エリアを回る4・8キロ(所要時間1時間35分)▽千里中央駅~少路駅の6・6キロ(2時間10分)▽千里中央駅~緑地公園駅の5・6キロ(1時間50分)▽緑地公園駅~神崎川駅の9・6キロ(3時間10分)▽神崎川駅~クリーンランドの6・9キロ(2時間20分)▽神崎川駅~庄内駅の4・4キロ(1時間半)。各コースの大まかな高低差も表示している。

 コース外のおすすめスポットと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら