[PR]

 関西電力は4日、台風21号の影響により午後11時までに大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿6府県と福井、三重両県の一部で、延べ約204万3千戸が停電し、このうち約157万8千戸が復旧していないと発表した。同社によると、電線の不具合が相次いだことが原因。「近年では例のない規模の被害」としており、全面的な送電の再開まで少なくとも数日はかかる見通しだ。

 午後11時時点の停電戸数の主な内訳は、大阪府約73万1千戸▽兵庫県約38万3千戸▽和歌山県約23万2千戸▽京都府約14万戸▽奈良県約4万3千戸▽滋賀県約4万戸。影響戸数の集約にも支障が出ており、暫定値という。