[PR]

 沖縄気象台は3日、沖縄地方の今夏(6~8月)の平均降水量が平年を1・85倍上回り、1946年の統計開始以来、最多だったと発表した。前線や相次ぐ台風の接近が影響し、2005年(平年比1・72倍)の記録を上回った。

 また気象庁の夏の天候まとめ(6~8月)によると、東日本(関東甲信、北陸、東海)は平年より1・7度高く、1946年の統計開始以降、最も高くなり、1・1度高かった西日本(近畿、中四国、九州)とともに記録的な高温だった。

 沖縄地方の平均降水量は、那覇、久米島、宮古島、石垣島、与那国島の5地点から算出した。

 最も降水量が多かった宮古島は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら