[PR]

 QRコードを使った決済サービスが続々登場している。大手からベンチャーまで群雄割拠の様相で、主にまだ現金でのやりとりが多い中小店舗での浸透を狙う。ただ、クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレスの決済サービスはすでに乱立していて、どこまで広まるかは未知数だ。

 QRコード決済は、店側が紙やタブレットで表示するQRコードを、客が自分のスマホアプリで読みとったり、逆に客がスマホに表示したQRコードを店側がタブレットなどで読み取ったりして決済する。客は事前に、自分のクレジットカードや銀行口座などを登録しておくことが必要だ。

 中国などで盛んだが、国内では2016年ごろから参入が相次ぐ。先駆けはベンチャーの「Origami」で、その後は大手の楽天やLINE、アマゾンなどが進出。ソフトバンクとヤフーは合弁会社を設立して今秋にサービスを始め、KDDIも今年度内の参入を予定する。

 記者も「LINE Pay」を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら