[PR]

 関西空港と対岸を結ぶ関空連絡橋が通行不能になり、旅客3千人が空港に取り残されている問題で、空港を運営する関西エアポートは5日早朝、関空と神戸空港を結ぶ高速船「ベイ・シャトル」を臨時に運航させ、旅客の救助を始めた。

 臨時運航するベイ・シャトルは無料で、1隻あたりの定員は110人。

 関空は4日、非常に強い台風21号の接近に伴い、正午から滑走路を閉鎖。午後1時半ごろには、暴風にあおられたタンカーが関空連絡橋に衝突して損傷し、アクセスが断たれていた。