拡大する写真・図版 JR由良駅のコナン像前でハンバーガーをほおばるコナン・オブライエンさん(右)と松本昭夫町長。事前に松本町長が「1万5千個のハンバーガーを持って来て」とオブライエンさんに要求したのを知った東京の食品会社が、1千食分を無償提供した=2018年9月6日午後、鳥取県北栄町由良宿、鈴木峻撮影

[PR]

 「『パクリ』の賠償金3兆円を支払え」。人気漫画「名探偵コナン」をめぐり、米側からこんな要求がふっかけられた。矛先は作者の青山剛昌さんの生誕の地で「コナンの町」として知られる鳥取県北栄町。果たして、その結末は――。

 「世界中で『コナン』とグーグル検索すれば俺が最初にヒットするのに、日本ではアニメキャラが最初に出てくる。なぜなんだ」

 発端は8月21日(米国時間20日)。米国の人気コメディアン、コナン・オブライエンさんが自身のトーク番組「コナン」で、こうまくしたて、「パクリだ」と訴えたことだ。北栄町が路上に名探偵コナンのキャラクターのオブジェを設置していることにも触れ、不利益を被ったとして町に3兆円を払うよう求めた。

 この発言を米国の友人から聞か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら