【動画】広島市にある元遊郭の一楽旅館=小原篤撮影
[PR]

時紀行

 広島市中区に、元遊郭の建物に泊まれる旅館がある。築68年の一楽(いちらく)旅館。吹き抜けの回廊があり、その中央にはコイが泳ぐ池がある。遊郭から旅館へ転業、高度成長期には建設労働者の長期宿泊に使われ、今は繁華街に近い立地の良さと安さから、観光客に人気だ。

 木造2階建て。お一人さま素泊まり4千円。ただし、「歴史」に免じて、少々の不便はご容赦を……。

 玄関を入れば吹き抜けの回廊。中央には大きな石を使った池があり、涼しげな水音が迎えてくれる。開閉式の天井から自然光が降り注ぎ、ニシキゴイが群れ泳ぐ。風情は満点だ。

 広島駅から歩いて15分ほど、大通りから細い路地に入ったあたりに一楽(いちらく)旅館はある。ごく普通のマンションが立ち並ぶ中、飾り窓など凝った和風の外観が異彩を放つ。

 歓楽街の流川(ながれかわ)・薬研堀(やげんぼり)はすぐそば。1950(昭和25)年から売春防止法が施行される58(昭和33)年まで、ここは遊郭(ゆうかく)だった。

 「子どもの頃は恥ずかしくて、家が遊郭だなんて嫌でしたよ」と、ご主人の田渕信夫さん(69)がにこやかに迎えてくれた。

 「当時『お姉さん』は7、8人いましたかね。映画に連れていってもらったら、デート相手のお兄さんがチョコレートを買ってくれた。『将を射んと欲すれば』なんとやら、でしょう。そんなことが何度かあったから、ある意味、いい目にもあったんですけど」

 築68年。4畳半の部屋を案内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら