[PR]

 札幌市厚別区の野幌森林公園にある北海道百年記念塔について、北海道が解体する方向で検討していることが分かった。跡地には、新たなモニュメントを置く方針。10日の道議会環境生活委員会に素案を示す。

 百年記念塔は、北海道100年にあたる1968年に着工し、2年後に完成した。高さは100メートルで地上23メートルに展望台がある。建設費は5億円で半分は道民らからの寄付で賄われた。デザインは全国から公募された299点の中から選ばれ、空に向かって延びる塔の曲線は、未来への発展を現している。

 周辺の札幌市や江別市の小中高校で校章のモチーフになったり、校歌に登場したりしている。遠足や校外学習の目的地にしている学校も多く、道民には親しみのある場所だ。

 ただ、老朽化が進み、2014…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら