[PR]

 トヨタ自動車は5日、エンジンルームの電気配線に不具合が見つかり、車両火災につながる恐れがあるとして、プリウス、プリウスPHV、C―HRの3車種、計55万3870台(2015年10月~18年5月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 今年5月までに製造した4代目プリウスはすべて対象となる。国交省によると、運転中にエンジンルーム内の電気配線がほかの部品にあたり、摩擦で周辺が焼け焦げた例が1件あったが、けが人はなかった。問い合わせはお客様相談センター(0800・700・7700)。

 プリウスをめぐっては16年10月、駐車ブレーキが利かなくなる恐れがあるとして約21万台のリコールがあった。(贄川俊