[PR]

 ふわふわがんも風天ぷら、魚のキャンディーづつみ蒸し、でかシューマイ……。子ども食堂で人気を集めたメニューの一部だ。どことなく、愛らしい。

 大阪市生野区で子ども食堂を運営するNPO法人CPAO(シーパオ)の徳丸ゆき子さん(48)らが出版した「まずはごはん」(日本機関紙出版センター)に、子どもたちが選んだ料理10選が紹介されている。

 週3回のごはん会。地域をはじめ各地から届けてもらった食材を、ボランティアの人が調理する。子どもたちが学校で誘い合ってくることもあるという。

 2013年に大阪市北区で母子…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも