[PR]

 大阪府豊中市社会福祉協議会は5日、台風21号によって後片付けの人手が必要になった市内の高齢者や障害者、子育て世帯にボランティアを派遣する「災害支援ボランティア窓口」を7日から豊中市岡上の町2丁目の市すこやかプラザ2階に開設すると発表した。

 後片付けのボランティア派遣を希望する人は、窓口開設の午前9時~午後5時に連絡する。暴風による飛来物の片付けや、停電の影響を受けた冷蔵庫内の整理といった応急対応にあたり、派遣は無料。ボランティアの派遣先は市内に限る。問い合わせは市社協(06・6848・1000)。

 市によると、台風21号で市内では1人が死亡、13人が負傷し、屋根の損壊やブロック塀の倒壊、倒木などがあり、広い範囲で停電した。(永井啓吾)