[PR]

 大手旅行会社JTBなどは、仮想現実(VR)を使って海外のホテルの部屋などを体験するサービスの実証実験を、JTB大分店を含む九州6県の12店舗で行っている。11月末までの予定。

 店舗にある専用端末をのぞくと、ホテルから望める景色や部屋の様子が広がり、360度見回すこともできる。対象はハワイやニューカレドニアなど旅行先として人気の6地域。90ホテルに関する約430のコンテンツがある。

 海外のホテルでは、同じタイプの部屋でも階数で料金が異なる体系が取られている。このため、部屋から見える景色の違いなどをVRで体験することは、旅行者にとっても参考となる。

 同社は2016年から、パンフ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら