[PR]

 お笑いコンビの阿佐ケ谷姉妹が10月、大阪と神戸で毎年恒例の単独ライブを開く。3回目の今年のテーマは「ドアーを開けて」。「新しい扉を開け、今までと違うことにも挑戦したい」と話す。

 じんわりと笑いを誘う地味さが人気の渡辺江里子と木村美穂のコンビ。ピンクのドレスをまとい、高い歌唱力を生かしたコントや漫才で「等身大のおばさん」を演じる。渡辺は「『らしさ』だけでなく、キャラや設定を変えて新しい姿も見せられたら」と話す。

 昨年末に6畳一間の同居生活を解消したことが、新境地に挑むきっかけの一つになったという。渡辺が隣の部屋に移り、木村は「ストレスが減り、新鮮な気持ちでネタを考えられる。パワーアップしたコントをお届けしたい」。

 10月11、12日午後7時から大阪・千日前の味園ユニバース、同14日午後5時から神戸・三宮のクラブ月世界で。キョードーインフォメーション(0570・200・888)。(深松真司)