[PR]

 台風21号が上陸した徳島県。鳴門市の観光農園のナシ畑では、収穫間際の新高梨約4500個が暴風で落下し、5日早朝から社長らが実を拾い集めた。

 台風接近前日、落ちた実が傷つかないようにと周囲を掃除したこともあり、ほとんどが食べられる状態。普段の3分の1の5キロ1千円で売り出した。

 SNSで告知すると、切れ目なく客が訪れ5時間ほどで完売。栽培歴23年の社長は「落ちたのはつらいが、無駄にならず食べてもらえるのがありがたい」。