[PR]

 全国の高校生が自分たちの地域の魅力を生かした旅行プランを競い合う「第10回全国高校観光選手権大会(観光甲子園)」が8月、神戸市で開かれ、県立土居高校(愛媛県四国中央市)の生徒4人の企画「BONSAIの聖地へ タイムスリップ」がグランプリを獲得した。海外で人気がある日本の伝統文化の盆栽を他地域とも連携して取り上げた点が評価された。

 大会には、訪日観光客を自分たちの地域へ呼び込むプランを発表する「訪日部門」とハワイの歴史と文化を現地で学ぶ取材旅行を提案する「海外部門」の2部門に、全国の87校から227件の応募があった。

 予選審査で選ばれた11校(訪日部門8校、海外部門3校)が8月23日、神戸市中央区の神戸ポートオアシスで開かれた決勝大会に臨んだ。

 土居高校は訪日部門に出場。情…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら