[PR]

 日本新聞協会は6日、第38回新聞広告賞を発表した。新聞広告大賞には、パナソニックの「みなさまと共に歩んだ100年の感謝」が選ばれた。新聞広告賞は2部門で計10作品が受賞し、朝日新聞社も新聞社企画部門で選ばれた。また、5日発表の新聞協会賞経営・業務部門では、河北新報社と信濃毎日新聞社が受賞した。

 ▼新聞広告賞

 【広告主部門】旭酒造「お願いです。高く買わないでください。」▽近畿大学「謹んで新年のお詫びを申し上げます。」▽コダマ「サイクルショップコダマ90周年」▽サントリーホールディングス「休肝日のFANTASTIC!な断り技」▽三井不動産「霞が関ビルディング竣工50周年キャンペーン」

 【新聞社企画部門】朝日新聞社「朝日新聞社SDGsプロジェクト」▽北海道新聞社「北海道の働く女性応援プロジェクト『HATAJOラボ』」▽秋田魁新報社「第66回全日本広告連盟秋田大会記念特集『秋田犬新報』」▽静岡新聞社「静岡新聞防災企画~BuddyBox・ココカバ防災~」▽信濃毎日新聞社「父の日特別企画『家族のはなし2017』」

 ▼新聞協会賞

 【経営・業務部門】河北新報社「『いのちと地域を守る』震災伝承・防災啓発プロジェクト~地方紙連携・地域協働による責務の共有と発信の強化」▽信濃毎日新聞社「業務改革、AIと向き合う 記事自動要約への挑戦」