[PR]

 徴兵制を採る韓国で、兵役免除の特例をめぐり、「スポーツ選手は当てはまるのに、韓流アイドルが対象でないのはおかしい」と大論争になっている。きっかけは、2日に閉幕したジャカルタ・アジア大会で金メダルを取ったサッカーや野球の選手らが、免除対象になったことだった。進む少子化で兵力不足を心配する韓国軍も、特例の見直しにかじを切っている。(ソウル=武田肇)

 アジア大会では、サッカーで金メダルを取ったイングランド1部トットナム所属のソン・フンミン選手(26)ら42人が兵役免除の対象となった。

 すると、大統領府が設けた国民の意見を受け付けるサイトに、「力も金もない庶民の子どもだけが兵役義務を負うのか」などと、特例の廃止を求める意見が相次いだ。

 折しもアジア大会の閉会式直後、韓国の7人組男性グループ「防弾少年団(BTS)」が、米ビルボード・アルバムチャートで2度目の1位を記録。「ソン・フンミンはよくて、防弾少年はだめ」(聯合ニュース)などと、メディアの報道が過熱した。

 野党の有力議員は、世界的に活躍する韓流アイドルも「金メダル級」だとして、ソン選手と同年生まれのメンバーがいるBTSについて、「なぜ免除されないのか」と基準に疑問を投げかけた。

 韓国では、男性は18~35歳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら