[PR]

 6日午前3時すぎ、北海道胆振地方を震源とする地震があり、震度6強を観測した。気象庁などによると、震源の深さは37キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・7と推定される。

 安平町役場によると、午前3時半現在、被害状況の把握を進めている最中だという。職員の一人は「自宅で就寝中に大きな揺れで目が覚めた。自宅は停電して、棚の食器は外に散乱し、タンスが倒れている状況」という。

 同町東早来にある陸上自衛隊早来駐屯地の当直担当者は「グラ、グラ、グラと揺れたと思ったら、テレビが落ちたり、ベッドがずれたりした。施設や人的の被害は確認していない」と話した。