[PR]

 摂津市は5日から、台風21号で家屋に被害が出た住民らを対象に罹災(りさい)証明の申請受け付けを始めた。市役所新館4階「被災者支援総合窓口」(06・6170・1300)で受け付ける。

 市によると、住民から強風による屋根瓦落下やベランダ破損などの相談が寄せられている。罹災証明書の発行には、被害状況がわかる写真や運転免許証などが必要。窓口は大阪北部地震の被災者支援も兼ねており、平日午前9時~午後5時15分に開設。

 7日からはブルーシートの配布を始める。市は計2100枚のブルーシートを用意。自宅の屋根が破損した住民を対象に市役所新館1階などで無料配布する。1家屋2枚までで、被害の様子がわかる写真が必要。(室矢英樹)

 枚方市は5日、台風21号で家…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース