[PR]

 ソニー生命カップ第40回全国レディーステニス福井県大会(日本テニス協会、朝日新聞社主催、ソニー生命保険特別協賛)の2日目が6日、福井市飯塚町のわかばテニスコートであり、全国大会に出場する上位3組が決まった。

 優勝は赤木悠起子・寺地和枝ペア(Jウィン・気比クラブ)、2位は畑淳子・中根香織ペア(B.F.F・マザーグース)、3位は木原裕子・則包淳子ペア(今立TC・freak―T)。全国大会は11月7~10日、東京都昭島市の昭和の森テニスセンターで開かれる。この3組を含む上位8組は、10月10日に金沢市の城北市民テニスコートである北陸大会に出場する。

 赤木・寺地ペアは2年連続の優勝で、全国大会出場は3回目。赤木さんは「攻めと守りのメリハリをきちっとつけることを意識した」と話し、寺地さんは「全国では勝ったことがないから、まずは1勝したい」と意気込んだ。

(南…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら