[PR]

 大阪府池田市で生まれた世界初の即席麺「チキンラーメン」を使った創作料理のアンテナショップが、阪急池田駅前の市観光案内所内にオープンし、人気を集めている。チキンラーメン料理をPRしている市の「大阪池田チキチキ探検隊」の取り組みの一つで、創作料理を新たな観光資源にすることを狙う。

 チキンラーメンは1958年、日清食品創業者の故・安藤百福(ももふく)さんが池田市の自宅の裏庭にあった研究小屋で発明した。市は2014年、チキンラーメンを使った創作料理を発掘してPRする大阪池田チキチキ探検隊をつくり、これまで約50店の料理を食べ歩きマップで紹介してきた。

 市内には「カップヌードルミュージアム大阪池田」があり、国内外から多くの観光客が訪れるが、市内の回遊につなげられていないことが観光面の大きな課題だ。市は、チキンラーメンを使った創作料理に関心がある人が多いとみて、観光客が市内に足をとどめるきっかけにしようと、市観光案内所の改装に合わせてアンテナショップ新設を決めた。

 店では、お湯の代わりに播州百日鶏スープでほぐした「プレミアムチキンラーメン」(300円)、プレミアムに温玉とチーズを加えた「チキボナーラ」(400円)、砕いたチキンラーメンを衣にしたから揚げ「池カラ」(350円)、チキンラーメンと焦がしキャラメルソースをかけたソフトクリーム「チキチキソフト」(350円)を食べることができる。メニューは随時更新される。

 ウォンバットで知られる市立五月山動物園の公式PRアイドルユニット「キーパーガールズ」のリーダー、はまだまりなさん(25)が店長を務める。「たくさんの人にチキンラーメンの創作料理を食べてほしい。そこを出発点に、池田のいろんな魅力を知ってもらえれば」と話している。

 営業時間は午前9時半から午後5時まで。火曜休み。問い合わせは市観光案内所(072・737・7290)。(永井啓吾)