[PR]

身を守る情報

 【余震で注意すること】

 気象庁によると、余震は1週間程度、特に最初の2~3日程度は規模の大きな地震が発生することが多く注意が必要で、壊れかけた家などには近づかないよう、呼びかけている。

 家屋が傾くなど、耐震性に不安がある場合や、子ども、高齢者、障害のある家族がいる場合は余震に備えて避難をする判断も必要。

 家屋で引き続き生活する場合も▽屋内の家具や電化製品などが傾いていないか、高い場所から物が落ちてこないかを確認し、家具などを固定。もし固定されていた場合も、再度確認する▽防災用品を確認し、家族と避難場所について話し合っておく▽警報の発表をいつでも確認できるようにラジオなどを持ち歩くことなどが大切だという。

 余震について、様々な情報が飛び交って不安になることが多いが、情報の送り手を確認し、科学的な説明がされているかを見極めることが重要だという。