[PR]

支援通信

 豪雨災害被災地の観光を後押しする国の補助金が設けられた。ボランティア活動の宿泊費にも利用できる。

 「11府県ふっこう周遊割」は岐阜、京都(京都市を除く)、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡の11府県が対象で、旅行などの場合は2府県以上をまたいで2連泊以上した場合に宿泊費に支援金が出る。

 ボランティア活動の場合は、岡山、広島、愛媛(宇和島、西予、大洲市)と福岡県が対象で、2連泊以上して活動をした場合、1人1泊あたり、岡山と広島、愛媛は最大6千円、福岡は最大4千円が補助される。

 対象は11月30日宿泊分まで。「申請書兼請求書」「宿泊証明書」「ボランティア活動参加証明書」などの必要書類をふっこう周遊割の各県事務局に郵送する。詳しい説明や必要な書式は「ふっこう周遊割 お知らせサイト」(https://fukkou-shuyu.jp/別ウインドウで開きます)でダウンロードできる。