[PR]

 福岡県太宰府市は市域の約16%を史跡が占めると言われる。歴史ロマンあふれる、その魅力をボランティア活動で発信し続けている人たちがいる。「大宰府史跡解説員」の68人だ。今年は大宰府の本格的な調査・発掘が始まって50年。解説員はどうして生まれ、どんな役割を担ってきたのか。

 国の特別史跡「大宰府跡」から北西に約2キロ。大陸への防衛施設として、平野部に濠(ほり)を掘った「水城(みずき)」の近くに、観光や学習の拠点「水城館」(太宰府市国分2丁目)がある。

 「水城は一種の関所の機能を果たしていたんですよ。地形的には今も交通の要所です」。12年前から史跡解説員をする大場明さん(70)が、愛知県から訪ねてきた男性(44)の熱心な質問に答えていた。

 男性は全国の城を訪ね歩く「城…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら