[PR]

 囲碁の世界メジャー棋戦「2018三星火災杯」が9月4~6日、韓国高陽市で打たれ、日本の井山裕太名人が2勝1敗でグループリーグを突破し、ベスト16に進出した。井山は6日、世界タイトル獲得の実績を持つ中国の檀嘯(だんしょう)九段を破り、4人で争うリーグ戦を2勝1敗とし、枠抜けした。次戦から準々決勝まではトーナメント方式となり、10月1、2の両日、韓国大田市で打たれる。

 井山とともに日本代表として出場した柳時熏(りゅうしくん)九段と芝野虎丸七段は1勝2敗で敗退した。(大出公二)