[PR]

 北海道電力は6日午後4時現在、道内で停電した295万戸のうち、28市町村の約32万9千戸で停電が復旧したと発表した。砂川火力発電所を午後1時半過ぎに運転再開した。病院や官公庁、避難所など公的機関や交通、通信、ガスなどインフラ会社を優先して復旧させている。一般住宅も一部復旧しつつあるが、北電は「供給力に限りがあるので可能な限りの節電をお願いします」と呼びかけている。その他の火力発電所は7日以降の運転再開に向けて作業中という。

 復旧したのは次の28市町村。旭川市▽士別市▽名寄市▽上川町▽愛別町▽東神楽町▽当麻町▽東川町▽深川市▽剣淵町▽美深町▽下川町▽妹背牛町▽札幌市▽岩見沢市▽三笠市▽美唄市▽奈井江町▽歌志内市▽赤平市▽芦別市▽滝川市▽新十津川町▽安平町▽室蘭市▽苫小牧市▽占冠村▽泊村