道内のコンビニ、徐々に再開 セコマは商品届き次第開店

[PR]

暮らしの情報 北海道地震

 北海道内のコンビニエンスストアでは品薄が続いていたが、徐々に商品の供給を再開している。

 道内最大手のセイコーマートを運営するセコマによると、約1100店のうち7店は店が損壊しており休業が決まっているが、ほかの店では商品が届いて態勢が整い次第、開店しているという。

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン―イレブン約1千店では、7日午前7時時点で約700店は停電が続いているものの、店によっては営業している。商品の供給を受ける道内の13工場も、停電から復帰したところから順次、稼働を再開している。

 ローソンは6日以降、道内の店に飲料やカップ麺を届け、7日午前中には664店のうち約650店が営業する見込みだとしている。また道内の7工場のうち、米飯をつくる2工場が稼働を始めている。