[PR]

舞台「ローリング・ソング」に主演

 ギターを抱く姿も様になる。実はついこの間までギターは全くの初心者だった。「まだまだですが、弾くのは楽しい。お芝居も演奏も毎日ちょっとずつ変化しています」と目を輝かせる。

 夢に翻弄(ほんろう)される3世代の男たちを描いた音楽劇「ローリング・ソング」に、ミュージシャンをめざす篠崎役で出演している。松岡充、中村雅俊とのトリプル主演で、鴻上尚史が作・演出、森雪之丞が作詞・音楽監修を手がける話題作だ。

 1カ月半、ギターの猛特訓を重ねた。いろいろなミュージシャンの映像を見たり、立ち姿を鏡でチェックしたり。音楽活動もしている共演の2人からも手ほどきを受けた。「松岡さんはすごく優しくて真面目、そしてロジカルにお芝居を組み立てる人。雅俊さんも優しくて飾らずそのまま、少年のような人です」。そんな先輩2人からは「一番大人」と太鼓判をおされた。

 インタビューにも落ち着いて真…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも