[PR]

 野球のU18(18歳以下)の第12回アジア選手権大会第4日は7日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで2次リーグ(L)があり、日本(A組2位)は台湾(B組1位)に1―3で敗れた。これで決勝進出を逃し、2年前の前回大会に続く連覇の可能性がなくなった。打線が2安打1得点に終わった。

 2次LではA、B各組の上位2チーム、計4チームで決勝進出を争う。ただ、1次Lで同組だったチーム同士は対戦せず、1次Lの結果が持ち込まれる。日本は1次Lで韓国(A組1位)に敗れており、この日の敗戦で0勝2敗となった。9日の決勝は韓国―台湾に決まった。

 日本は8日、中国(B組2位)と対戦する。9日の3位決定戦で、再び中国と顔を合わせる。