[PR]

 白神山地の津軽峠付近(青森県西目屋村)にあるブナの巨木「マザーツリー」の幹がボッキリ折れているのが見つかった。台風21号の影響で4日深夜から5日未明にかけて吹いた強風による被害とみられる。白神山地のシンボルツリーで人気観光スポットでもあっただけに、関係者らから残念がる声が相次いだ。

 6日午後0時半ごろ、マザーツリーを見に行った県自然保護課の職員らが幹が折れているのを発見し、村や国などの関係機関に連絡した。津軽峠を通る白神ライン(県道28号)は台風21号に備えて4日午後5時~6日正午は通行止めになっており、その前まで異変はなかったとみられる。

 マザーツリーは推定樹齢400年以上。高さは約30メートルあったが、7日に被害状況を調べた津軽森林管理署によると、幹はY字形に2本に分かれていた地上9メートル付近で折れていた。落下した幹の1本は長さ20メートルで幹回り2メートル50センチ、もう1本は長さ16メートル、幹回り3メートル。同署はマザーツリーへの遊歩道を当面通行止めにする。

 弘前大名誉教授で「白神マタギ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら