[PR]

 大坂なおみ選手(20)=日清食品=が決勝進出を決めたテニスの全米オープン女子シングルスの会場、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターは試合開始直後、米国出身の対戦相手、キーズ選手への声援が多かった。しかし、大坂選手が好プレーを連発するにつれ着実に歓声が強くなっていった。今回の活躍で「大坂ファンになった」という人も多かった。

 何度も続いたラリーを深く、粘り強いストロークで制したり、苦しい局面を強烈なファーストサーブで打開したりすると、大坂選手への声援が着実に大きくなっていった。

 第1セット第4ゲーム。キーズ選手は、大坂選手の甘く入ったセカンドサーブを見逃さず攻勢をかけ、ブレークまであと一歩に迫った。ところが大坂選手は崩れず粘りに粘ってキープ。続く第5ゲームを大坂選手がブレークし、波に乗った。多くの観客が立ち上がって拍手を送った。

 その一人、ノースカロライナ州から観戦に来ていたインテリアデザイナーのローサ・デストさんは「正直に言えば、大坂選手の存在すら知らなかったけど、今日でファンになった。まだ20歳、無限の可能性が広がっている」と話した。

 地元ニューヨークの金融会社勤…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら