[PR]

 日本のインバウンド(訪日外国人客)景気を支えてきた関西空港が台風21号の被害から立ち直れず、観光への影響が広がり始めている。8日、国際線の一部の営業が再開されたものの、フル稼働にはほど遠い。年間1兆円以上を消費するとされる関西圏への訪日外国人の「窓口」だけに、地元は危機感を強めている。

関西経済に打撃

 関空の完全復旧に時間がかかれば、「訪日客消費」に支えられてきた関西経済に打撃となりそうだ。

 2017年の関空利用者約2800万人のうち、半数超の1432万人が国際線を使う外国人。日本に入国する外国人の3割近くが関空を使った計算だ。アジアを中心に格安航空会社などを使って観光で来る人が多く、大阪府内には1110万人が訪れたとみられる。

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングなどの推計によると、近畿6府県で訪日客が使った金額は1兆1千億円規模。大阪の主要百貨店は訪日客でにぎわい、高島屋の18年2月期の売上高では、大阪店が首都圏の店舗を抜き、66年ぶりにグループ全体の首位に返り咲いた。

 大阪市や京都市は訪日客の増加を受け、ホテルや宿泊施設の建設ラッシュに沸き、地価も押し上げられたが、この流れに水を差す可能性が出てきた。

 SMBC日興証券は、関空の国際線が飛べないと訪日客が1日ごとに2万人ずつ減ると予測。国内で使われるお金が1日あたり24億円減ると試算する。関空と大阪市中心部を結ぶ特急を運行する南海電気鉄道の株価は4日の終値の2905円から6日には一時、2676円まで下がった。

 大阪観光局の溝畑宏理事長は6日の記者会見で「中国からの観光客が増える10月の『国慶節』までには(関空が)復活してほしい」と語った。同局は、台風21号の影響で帰国できなくなった訪日客に対し、2日間の「大阪周遊パス」(税込み1枚3300円)を無料で配布し始めた。

大阪城の行列消える

 「もう泣きそうですよ」。7日夕方、大阪・ミナミの道頓堀。中華料理店の橋本和也店長(32)は肩を落とした。

 いつもなら大勢の外国人観光客をかき分けないと歩けないという店の前は、この日はまばら。客の8割が中国や韓国からの観光客だが、台風21号の直撃で冠水した関空が閉鎖された4日以降、半数ほどに減った。「台風21号に北海道の地震と災害続きで、観光客に『日本はやめておこう』と思われるかもしれない。復旧した後も客が戻るかどうか……」と漏らす。

 関西屈指の観光地・大阪城公園…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら