[PR]

 緑茶に含まれるカテキン成分に、がん細胞への免疫細胞の攻撃力を後押しする効果があると埼玉大大学院理工学研究科の菅沼雅美教授(がんの化学予防)の研究チームが確認した。菅沼教授は「応用すれば、既存のがん治療法と併用して治療効果を上げることも期待できる」と話す。

 免疫をがん治療にいかす考えは京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授らが着目し、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まったばかり。がん細胞が免疫細胞に攻撃されると「PD―L1」というたんぱく質をつくりだして、免疫細胞が自身の働きを抑える分子「PD―1」と結合して、攻撃力を弱まらせるしくみを2002年に見つけた。

 これにより4年前、PD―1とPD―L1の結合を妨げ、免疫細胞の攻撃力を保つ新薬「オプジーボ」が登場。肺がんや腎臓がんなどの治療に使われている。

 こうした動きを踏まえ、今回、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら