逮捕のハッカーは同居の両親と疎遠 そんな22歳に光が

有料会員記事

編集委員・須藤龍也
[PR]

 日本ハッカー協会の設立を心待ちにしてきた男性がいる。未成年の時、コンピューターの不正侵入で逮捕された22歳。「大げさではなく、生きる希望につなげたい」と語る。

 男性は小学5年生の時にパソコンを手に入れ、ゲームの改造プログラムを通じてハッキングの世界を知った。面白くてエスカレートし、他人のウェブサイトにも侵入。10代後半の時、不正アクセス禁止法違反の容疑で警察の家宅捜索を受けた。

 父親からは顔が腫れ上がるほ…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら