フランス訪問中の皇太子さまは10日、リヨンの南東約100キロのグルノーブルにある研究機関「MINATEC」を視察した。有機ELを使ったメガネ型のウェアラブル端末を装着し、映像が「非常にきれいですね」と感心した様子だった。産官学が連携し、研究から商品化まで行うことができる点にも関心を示し、「素晴らしいですね」と述べた。

 一帯は大学や複数の研究機関、企業が集まる欧州を代表する最先端研究拠点の一つ。この地区で働く日本人研究者や、大学で日本語教育に携わる教員らとも言葉を交わした。皇太子さまは現地時間の10日、政府専用機でパリ入りする。(グルノーブル=中田絢子