【動画】イラク南部でデモが暴徒化
[PR]

 イラク南部の油田地帯バスラで7日、電気や水道の供給が行き届かないことや、失業率の高まりに抗議していたデモ隊が暴徒化し、現地のイラン総領事館に放火した。けが人はいなかった。イラン学生通信によると、イラン外務省は同日、イラク側が総領事館の警備を怠ったなどとして、在テヘランのイラク大使に抗議した。

 AFP通信などによると、デモには数千人が参加し、うち数百人が総領事館を襲撃したという。デモ隊は「イランは出ていけ」などと叫んでいたとの情報もある。地元紙は、建物の損傷は一部だったと伝えた。

 イラクでは5月に国民議会選挙…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら