[PR]

 宮崎市で8日にあった九州合唱コンクールの中学校部門に県内からは3団体が出場。三日月(小城市)が金賞に輝き、江北(江北町)と成章(佐賀市)は銅賞を受賞した。

 三日月はアザラシと白熊の追っかけ合いを描く「Ate Netsik」を披露。発声を小刻みに切ったり震わせたりといった工夫を随所に盛り込み、ユーモラスな世界を表現した。部長の古賀帆栞(ほのか)さん(3年)は「笑顔で歌うように心がけました」。

 江北は「無伴奏女声合唱のための南島歌遊び」の4曲に挑戦。「ハイヤッサ」など奄美大島に伝わるという掛け声をリフレインに、テンポも緩急自在。南国のおおらかな世界を歌い上げた。部長の仰木留菜さん(3年)は「緊張したけどうまく歌えました」。