[PR]

錦織(3-6、4-6、2―6)ジョコビッチ

 ニューヨークで開かれているテニスの4大大会、全米オープンで7日(日本時間8日朝)、錦織圭(日清食品)が男子シングルス準決勝で、4年ぶり2度目の決勝進出を目指し、元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。0―3で敗れた。

第3セット(錦織2―6ジョコビッチ)

錦織は第1ゲームをキープ。ジョコビッチも第2ゲームをキープし、1―1。

試合が動いたのは第3ゲーム。錦織はミスもあり、ジョコビッチにブレークを許した。第4ゲームはラブゲームでキープされた。

 第5ゲームはジョコビッチに粘られながらも、キープ。2―3とした。

 第6ゲームはジョコビッチがキープ。

 第7ゲームはサービスエースなどを決めてポイントを重ねたが、再びジョコビッチにブレークされ、2―5とリードを広げられた。

 第8ゲームはジュースまで持ち込んだが、ブレークできずに2―6。ジョコビッチとの対戦はこれで14連敗となった。

第2セット(錦織4―6ジョコビッチ)

錦織は第1ゲーム、ラリーで粘るジョコビッチに苦戦しながらゲームをキープした。第2ゲームはブレークチャンスを迎えたが、ジョコビッチにキープされた。第3ゲームはキープした。第4ゲームはジョコビッチが難なくキープ。

 第5ゲームはジョコビッチにブレークされ、2―3。第6ゲーム、第7ゲームは互いにキープし3―4に。

 第8ゲームはジョコビッチがキープした。第9ゲームは錦織が奪い、4―5。

 第10ゲームはジョコビッチがきっちりキープ、第2セットも4―6でものにした。

第1セット(錦織3―6ジョコビッチ)

第1ゲームをキープしたジョコビッチが、第2ゲームをブレークした。第3ゲームもジョコビッチがとり、3ゲームを連取した。

 以降は互いにサービスゲームをキープし合い、3―6で第1セットを奪われた。錦織は第8ゲーム途中、左足首を痛がるシーンが見られた。