[PR]

 栃木市教育委員会は7日、市立大平西小で5日に提供された学校給食で、小1の女児(6)がアレルギー症状を発症する事故があったと発表した。牛乳・乳製品のアレルギーを持つこの女児用に調理したカレーに、誤って乳成分が入ったカレールーを使ったという。女児はせき込むなどの症状が出たが、母親らの応急処置で回復した。

 市教委によると、同校に給食を提供している大平学校給食センターは乳成分が入っていないルーを注文したが、食材を配送する栃木県学校給食会の委託業者が商品を間違えた。配送時の商品積み込みと積み下ろし、さらにセンターで別の委託業者が食材を受け取り、計量する際にも確認が不足し、また怠った。

 女児は給食後、せき込み、じんましんや皮膚のかゆみを発症。母親が症状を緩和する注射薬「エピペン」を持参し、救急救命士が処置して治まったという。母親は「改善策がとられなければ安心できない」と、9月中は弁当を持参させるという。

 市教委は同日、市長は翌日に保…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら