[PR]

 集落が土砂にのみ込まれた厚真町吉野地区。北海道厚真高校1年の滝本舞樺(まいか)さん(16)が見つかったのは、地震当日の6日午後のことだ。親族によると、家は10メートルほど下の田んぼまで押し流された。父親(39)の死亡も確認された。

 舞樺さんの同級生の山口海梨(かいり)さん(15)は、いまも親友の死を受け入れられない。1学年22人の小さなクラスで、誰よりも仲が良かった。

 6日午前3時8分。震度7の地震に襲われてすぐ、舞樺さんの携帯に電話した。4回かけてもつながらない。不安がつのる。

 「まいまいの家は昔ながらの家だから……」

 空が白んできた午前5時ごろ、たまらず4キロほど離れた舞樺さんの家に向かった。でも、途中で道路が土砂に覆われていて、行けなかった。その夜、遺体で見つかったと聞いても、信じられなかった。

 保育園から高校までずっと一緒だった。中学のときに入った吹奏楽部で、山口さんはサックス、舞樺さんはフルートを担当した。部活で悩んでいたとき、舞樺さんが「海梨ちゃん、一緒に帰ろ」と気にかけてくれた。いつの間にか、一番仲のいい友達になった。

 この春から高校に通いはじめると、毎日のように放課後は学校近くのスポーツセンターやコンビニでおしゃべりをした。ヘアスタイリストをめざしていた舞樺さんは、よく髪をアレンジしてくれた。地震前日の5日も、「海梨ちゃん、編み込みしてあげよっか」と言ってくれた。

 舞樺さんは、よくじゃれてきた。携帯には、舞樺さんをおぶった写真がたくさんある。

 地震が起きてから、ツイッターで舞樺さんに呼びかけつづけた。亡くなったことがわかったあとも。

 8日には、こうつづった。

 「わがままで意地っ張りで、でもめちゃめちゃ甘えてきて。いつも背中に乗っかってて。いつでも一緒だからずっとおんぶしててあげるから離れないでね。見守ってね」(河崎優子、井上潜、遠藤美波)