【動画】「ぶ酎ハイ列車」で盛り上がる参加者たち=笠原雅俊撮影
[PR]

 高知県四万十(しまんと)市と宿毛(すくも)市を結ぶ土佐くろしお鉄道宿毛線で8日、特産のかんきつ類のブシュカンを使った酎ハイを楽しむ「ぶ酎ハイ列車」が走った。

 ブシュカンは爽やかでさっぱりとした風味が特徴で、地元ではユズ以上に親しまれる存在。魅力を全国に知ってもらおうと初めて企画し、36人が乗車した。

 約2時間かけて往復し、清流で知られる四万十川の鉄道橋上では20分間停車。「ブシュカン大好き」と、景色を酒のさかなにして乾杯した。