[PR]

 埼玉県坂戸市末広町の東武東上線北坂戸駅のコインロッカーに女の子の乳児の遺体を遺棄したとして、県警は8日、同県鶴ケ島市に住んでいた職業不詳の堀口香織容疑者(35)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。

 西入間署によると、堀口容疑者は8月25日ごろ、死産したとみられる乳児の遺体をバッグに入れ、同駅構内のコインロッカーに遺棄した疑いがある。容疑を認め、「産んだら泣かなくて動かなかった。困って捨てるしかなかった」と話しているという。遺体は同月29日午後に見つかった。

 堀口容疑者は独身で、鶴ケ島市で両親らと暮らしていたが、25日以降は帰宅していなかったという。防犯カメラの映像などから堀口容疑者の行方を追っていた捜査員が、8日午後に同県川越市のスーパーでみつけたという。