[PR]

 宮崎・土呂久の公害など国内外のヒ素汚染の調査を続けた医師堀田宣之(のぶゆき)さん(77)=熊本市=の所蔵した資料が熊本学園大学に寄贈され、5日から公開されている。堀田さんが各地で診たヒ素中毒被害者のカルテなどが含まれており、大学によると全国に例がない資料群という。

 寄贈されたのは紙資料(468点)のほか書籍(168点)と写真資料(3775点)。このうち紙資料が先行公開され、大学の水俣学研究センターがウェブサイトに目録を掲載した。堀田氏が1975年以降、国内外のヒ素汚染地域で検診をした際のカルテや、土呂久公害訴訟での論点整理メモ、ヒ素中毒が全身病であることを立証するための論文などがある。今後、書籍やヒ素中毒患者の患部などを撮影した写真も公開する予定。

 堀田さんは65年に熊本大学医学部を卒業し、73年に熊大体質医学研究所気質学部門の助手になった。同部門の助教授だった故・原田正純医師と共に水俣病の調査をする一方、宮崎県高千穂町・土呂久のヒ素中毒患者に水俣病に似た神経症状があることに関心を持った。75年から土呂久や同県木城町・松尾の鉱山跡に通い、90年に土呂久公害訴訟が和解するまで被害者の医学的調査に関わった。

 その後、2011年までに海外…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら