[PR]

 宮崎市で9日にあった第73回九州合唱コンクールの大学職場一般部門に県内からは3団体が出場。コールはらら、混声合唱団グリーンエコーが銀賞、aiwendilは銅賞を受賞した。

 コールはららは自由曲で組曲「水のいのち」から「雨」と「川」を披露。「雨」は柔らかく包み込む声で聴衆を魅了し、「川」では迫っていくような途切れない様子を表現した。指揮者の池田泰子さんは「歌詞の意味を伝えるように歌いました」。

 混声合唱団グリーンエコーは19~93歳と年齢層が広い。団長が最年長の池田政晴さんで、週2回の練習を欠かさないという。この日は自由曲で「雪」「ワクワク」を歌い、指揮者の日吉武さん(52)は「冬から春の季節の移り変わりをうまく表現できた」と話した。