[PR]

 伊賀地域最大の秋祭り「上野天神祭」(10月19~21日)のだんじり巡行順を決める「籤取(くじとり)式」が9日、三重県伊賀市上野東町の上野天神宮(菅原神社)で営まれ、今年の1番手は上野福居町の「三明(さんめい)」に決まった。

 鬼行列を含めた「上野天神祭のダンジリ行事」は国重要無形民俗文化財。昨年は2016年にユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されてから初の巡行となるはずだったが、台風などに見舞われ中止になり、祭り関係者や観光客らを残念がらせた。

 それだけに、巡行を仕切る上野文化美術保存会の八尾光祐会長(82)は「今年こそは万全の態勢で臨みたい。良い天気を願い、大勢の人たちに楽しんでもらえたら」と話す。

 神事後、各町の代表者が一人ひ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら