[PR]

 9日午後3時半ごろ、JR京葉線の新木場駅と葛西臨海公園駅の間の線路内から煙が出ているのを、JR東日本の乗務員が見つけた。JR東日本によると、乗務員や東京消防庁が消火にあたり、復旧作業をしているが、東京―南船橋駅間と西船橋―市川塩浜駅間の上下線で終日、運転を見合わせるという。けが人はいなかった。

 JRによると、レール脇にあるケーブルなどの設備が損傷しているといい、設備トラブルの可能性もあるという。

 JRは、東京ディズニーランドなどの施設を運営するオリエンタルランドに対し、京葉線の運転見合わせを施設内で案内するよう、要請したという。

 ツイッターには、ディズニーランド近くの舞浜駅周辺が混雑する様子が投稿されている。

 京葉線舞浜駅の改札周辺は、ディズニーランドなどからの帰宅客であふれ返った。バスやタクシーを待つ長蛇の列ができ、買い物袋を抱えて離れた駅まで歩く人の姿もあった。

 親子3人で兵庫県から来た会社員の幸岡(こうおか)祐太朗さん(22)は、帰りの新幹線に間に合わなくなった。娘の愛奈(まな)ちゃん(1)を抱っこしながら、チケットの払戻窓口に並んだ。「もう最悪っすよ。1時間並んで20メートルしか進みません」。ディズニーランドが大好きな妻の悠さん(23)は「夢の国から出た途端、こんなことになるとは」と語った。