[PR]

 JFLのテゲバジャーロ宮崎は9日、宮崎県都農町の藤見公園陸上競技場でMIOびわこ滋賀と戦い、0―0で引き分けた。年間の通算成績は7勝12敗3引き分けで、勝ち点24。16チーム中12位と降格圏を脱し、セカンドステージは好調を維持している。

 試合前からの雨でピッチはボールが転がらない劣悪なコンディション。テゲバジャーロはMF藤岡浩介選手らが、滋賀を上回る計8本のシュートを放ったが、ゴールを奪えなかった。

 攻撃の起点となったFW水永翔馬選手は「何回かフィニッシュまでいい形になったが、決めきれなかった。自分を含めてもっと精度を上げないと、上(J3)には行けない」と振り返った。

 今期JFLに昇格したテゲバジ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら