[PR]

 山の懐に抱かれ、ボダイジュやイチョウの大木が美しい鳥取県八頭町の清徳寺の境内が8日夜、高級野外レストラン「DINING OUT」になった。雨でテント下での開催になったが、ライトアップされた巨木群が、おとぎ話に迷い込んだような神秘的な空間をつくり出した。

 「DINING OUT」は食を通じた地域の再発見を目的に、企画や地域商材の開発を手がける「ONESTORY」(東京)が2012年から日本各地で開催。毎回、その土地ならではの食材や自然を総合演出して好評を博してきた。

 第14弾となる今回は、イタリア・ミラノでミシュランの星を獲得したシェフ、徳吉洋二さん(41)=鳥取市鹿野町出身=が料理人を務め、旬の野菜やシカ肉、白イカ、二十世紀梨など県産食材を生かしたメニューを提供。地元の飲食店などから集まったスタッフがもてなし、緑の木立の下で地元の集落の麒麟(きりん)獅子舞が演じられた。

 県内の温泉旅館での1泊込みで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら