[PR]

 15日に開幕する秋季広島県高校野球大会兼第131回秋季中国地区高校野球大会県予選会(県高野連主催、県教委共催、朝日新聞広島総局など後援)の組み合わせ抽選会が10日、県立みよし公園カルチャーセンター(三次市)であった。

 県内6地区のリーグ戦を勝ち抜いた44校が出場し、6球場で対戦する。福山地区ではリーグ戦1試合が雨天により延期され、同地区の出場校のうち1校は11日に決定する。開会式は15日午前8時半から福山市民球場である。選手宣誓は府中東の井口拓主将(2年)に決まった。

 入場料は600円(中高生200円、小学生以下無料)。30人以上の生徒の応援団は1人100円。決勝は30日午後0時半から三次きんさいスタジアム(三次市)の予定。上位3校は10月26日に岡山県で始まる中国地区大会に出場する。(高橋俊成)

こんなニュースも