[PR]

 日中経済協会や経団連などでつくる合同訪中団と中国政府との会談が10日、中国・北京で始まった。激化する米中貿易摩擦を背景に、両国とも自由貿易体制の維持・強化を求める意見で一致した。

 この日は、協会の宗岡正二会長(新日鉄住金会長)と、中国商務省の傅自応次官らが会談した。国際貿易交渉代表を兼ねる傅氏は「米国の中国、日本への追加関税は世界貿易機関(WTO)のルール違反。日本も影響を免れない。日本の経済界もこの情勢を認識し、保護主義に反対してほしい」と述べた。宗岡氏も「日本は(米中の)貿易戦争を回避し、新しい時代に適合した貿易ルールを中国や欧米とつくりたい」と語った。

 日本側はこのほか、知的財産権…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら